2011年05月25日

MAのお話

こんにちわ。

今日はMAについて・・・。
MAとはマルチオーディオの略です。今から思うと古臭いネーミングですね。

昔は、ナレーションやBGMを6ミリ幅のテープにコピーして、それをハサミできってテープで貼りなおしていたんですね。それで何トラックも同時に入るマルチオーディテープいれて映像と同期を取っていたんですね。

今はコンピュータでデジタル編集ですから、音質はもちろん、切って貼ってが楽になりました。

またMAは最終試写的な役割もあり、クライアント等が立会い作業をしていました。

私が若いころ制作進行していた時はMA作業が一番好きでしたね。作品が出来上がる寸前ですし、音楽やナレーションが入ると「うぁ〜完成した」という達成感がありました。

5.1CHと聞いてもう久しいですが、あれはなかなか浸透しませんね。
臨場感があって楽しいんだけどな〜。

今日やってくるのは120秒のコマーシャルのMAです。尺がパツパツなのでナレータ頼みの仕事です。ナレーションがいっぱいなCMは短く感じます。逆にナレーションがない方が長いCMに感じることもあります。

映像制作の作業の中でも、やっぱりオーディオは大事なんです。


http://www.matrix-inc.jp/



posted by マスター at 13:56| 映像制作のあれこれ