2016年05月11日

こんな仕事させていただいてます!

こんにちわ。松本です。

ギャル:「うぇー松本さーん、お仕事なにされてるんですかぁー」
俺:「(言ってもわからないからめんどくせー)えっいろいろ〜」
ギャル:「業界人って感じイ〜」
俺:「そんなんちゃうよ」
ギャル:「えージャーなになに〜?ペコ」
ここでママ登場。
ママ:「松本さんな〜映像作ってはるねんで〜」
ギャル:「えーテレビ〜?ドラマとか?」

ってなことがよくあるわけです。めんどくさいんですよね〜。
さて、映像っていってもいろいろあるわけで、今日は弊社が作らせていただいた案件を少しだけご紹介します。
映像って言ってもですね〜。テレビの情報番組、ニュース、ドラマ、スポーツ中継なんかありますね。
あとはCM、映画、音楽、ゲームなんかも映像ですね。
ショールームや研修に使う映像・・・いろんな場面で映像は使われています。

今日は、弊社が作成させていいただいた案件を少しご紹介します。

5/9にオープンした、イワタニ水素ステーション森ノ宮のロビーで常設上映されている映像を作成しました。
水素ステーションってまだ馴染みがありませんが、ガソリンに代わり水素で車を走らせようってやつですね。エネルギーでは最先端エネルギーと言われています。まだまだ未来のエネルギーですから、実物が少ないんです。それを物語にして映像化するには相当難しい。CGを使っても未来感は人それぞれ違うので、すり合わすのが大変なんですね〜。
IMG_2638.JPGIMG_2636.JPG

ジオラマと映像を連動させたり、4面の大型映像で映し出されています。

CGで未来都市も作りました。
映像っていろいろ想像が膨らまして未来を感じてもらったらそれが、なりよりですねん。














posted by マスター at 15:37| 映像制作のあれこれ

2016年05月09日

PCという存在1

こんにちわ〜。
先日、あるディレクターと話していて、懐かしくなったのでメモ代わりに。
昔々の25年ほど前までは、映像編集といえば何十万、下手したらその上の桁行くくらいコストがかかったのです。理由は簡単。機材が高すぎて編集スタジオといういわゆる専門会社でしか買えませんでした。
ですから、当時、制作もあり、技術もある会社はそうなかったように記憶しています。

ここで懐かしいワードを一つ。「やりくり」。

同じ映像をAロール(オリジナル)とダビングしたBロールをあらかじめ作っておきます。これが「初歩やりくり」(笑)

当時の編集の流れ書いときますね。
ロケ素材(ベーカムとか)を編集スタジオに持っていってBロールにダビングしてもらいながらVHSにタイムコード入りのテープを作ってもらいます。

制作さんは、そこからスクリプトを出して、ディレクターとともに粗編。
ディレクター:あのカットどこにあったっけ?
制作さん:ロール4の2分20秒のところです。(ガッチャン、とVHS出してロール4のVHS入れます)

という具合にVHSがデロデロになるまで粗編集。

それで粗編集試写です。当時まだダミーナレーション入れてなかったな〜。粗編集のVHS見ながら、ディレクターがナレーション原稿読んでましたね〜。

OKがでますと制作さんはタイムコードのエディットデータを手書きでワンカットワンカット拾い出し。
同時に写植屋さんへ発注する原稿お越し。ホント大変だったね〜。

シナリオ、エディットシート、写植、Bロールややりくりテープなど紙袋2つか3つもって編集室へ走るんです。まー大変。だけどいまと少し違うのは、タクシーだけは結構使えたんだね〜。

この話になるとPCが出てくるまで相当時間がかかるんですわ〜(笑)


編集からの話はまた今度書きます!!

posted by マスター at 11:38| 映像制作のあれこれ

2016年05月02日

ブログがあったのを忘れていました。

こんにちわ。乗っ取られてないか久しぶりに弊社のホームページ見たら
「制作ノート」なるブログがあーるじゃありませんか。
全然更新していないやん。

弊社WEB事業もやっており。お客様には「こまめに情報発信してくださいね〜」といってる本人がなんにもしてまへんへん。

そろそろ決算の数字が閉まることで、違う意味で大変な時期なんですね。
決算は会社の、社長への通知表ですからね。でも正直な数字にしないとダメよ〜。
posted by マスター at 13:28| つぶやき