2010年10月29日

プロデューサー、ディレクターの違い

プロデューサーとディレクターをよく混同されている方がいらっしゃいます。
作品を作る上でメイン中のメインになるのが、プロデューサー、ディレクター、プロダクションマネージャーの3職です。この3職に携わる人は、作品のスタートしてゴールするまで、一貫して携わることになる大変重要なポストです。

まはプロダクションマネージャーですが、制作進行とも言います。スケジュール管理や予算管理、お弁当の手配からスタッフリング、もちろん作品の質をも左右するさまざまな仕事があります。テレビでいうアシスタントディレクターの要素もあります。新人はみんなプロダクションマネージャーから始めることになります。日本では「ぺーぺー」的イメージですが、海外では中枢のスタッフとしてすごくリスペクトされます。

次にディレクターです。「監督」「演出家」などとも言いますね。いわゆる画面の中の全てを監督する仕事です。当然、シナリオや絵コンテなど企画の部分もされる方が多いです。ディレクターには免許がありませんので、自称ディレクターっていうのも沢山います。
インパクトが得意な監督や、バランスの良い監督、いろんな個性を持っています。作品に合わせて、監督を選択することになります。

プロデューサーですが、監督は画面の中の全てを監督しますが、プロデューサーは画面の外も含めて監督する立場にあります。
全体の進行を管理したり、クライアントの思いがちゃんと作品に反映されているかとか、無駄な支出なないだろうかなど考えています。
クリエイタ―と一般常識を備えた紳士を兼ね備えていなくてはいけません。

この3人のスタッフで作品の質、クライアントの満足が決まります。
posted by マスター at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像制作のあれこれ

2010年10月25日

ホームページリニューアルいたしました!!

お世話になります。マトリクス社長松本です。

いよいよホームページがリニューアルオープンしました。

ホームページ制作をしている会社なのになかなか自社のホームページまで手が回わりませんでした。
これからは、このブログを利用して、なるべくマトリクスの新鮮情報をお送りしたいと思っております。

ここでは、作品の現場での秘話なんかを分かりやすく送りしていきます。
また、業界用語や少し一般と違った習慣などご紹介していきます。

不定期更新ですが、何とぞよろしくお願いします!!
posted by マスター at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記